関西地区高校生バンドフェス大会
2013年1月13日(日)

開催レポート

たくさんのご参加、ご来場いただき、誠にありがとうございます!



東海エリアで2007年にスタートし、会を重ねるごとに規模も拡大し、成長し続ける高校生バンドフェス大会が今年関西エリアでもスタートしました。

1月13日本選大会前の11:00より神戸市北区にあるコアキタマチショッピングセンターにて、「兵庫県下特別枠 公開ライブ審査」を開催し、本選出場権の1枠をかけて、公開ライブ審査を行いました。


出場された、どのバンドが勝ち上がってもおかしくない、僅差の勝負でした。

本選大会は、16:00より神戸朝日ホールで行われ、関西では初開催にも関わらず約400人が来場。開演前から会場内はすごい熱気に包まれました。出演バンドは音源審査を通過した12校と兵庫県特別枠出場権を勝ち取った1校が音楽業界で活躍する審査員の前で日頃の練習の成果と最高のパフォーマンスを披露しました。





トップバッターは、大阪府立泉陽高等学校 ポピュラーミュージッククラブが登場。山下達朗の名曲「RIDE ON TIME」をカバー。高校生らしい力強く元気なパフォーマンスでオーディエンスの心を掴んでくれました。

3組目に登場した西宮市立西宮東高等学校の女性3Pのインストバンド「Victor」。彼女達は、「兵庫県下特別枠 公開ライブ審査」から見事、本選出場権を勝ち取った1組で、昼の勢いを感じさせる演奏を披露してくれました。

今回の出演したバンドは、オリジナル曲とカバー曲が半々で、どのバンドもこの日のために練習を重ねてきた努力がステージでも、はっきりと垣間見ることができした。
そして全13校の演奏が終了し、審査へ。

審査の待ち時間には、ゲストバンドとして甲陽音楽学院の講師バンドが出演。会場のボルテージは最高潮に。

そして表彰式。。。

受賞の結果は、受賞をご覧ください。


大会にエントリーいただいた各校の皆様、顧問の先生方、サポートいただいている企業の皆様、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

当大会は、今後も高校生の皆様の益々のご成長とご活躍を応援いたします。
また次回、高校生バンドフェス大会で皆さんとお会いできることを楽しみにしております!

高校生バンドフェス大会 実行委員会